さまざまなシーンで活用される空間情報

空間情報は、さまざまな目的や場面で活用できる情報として注目を集めています。たとえば2005年にアメリカを襲ったハリケーンのカトリーナが発生したときには、市民がウェブ上の地図サービスに被害情報を登録し、被害の全容解明のスピードを速めたと言われています。災害時などの緊急対応はもちろん、ビジネスにも大いに活用できる貴重な情報として、世界中で注目を集め積極的に活用されてきました。災害時やビジネスなど重大な出来事に役立つ情報だと、空間情報も非常に壮大で大きなものと思ってしまうかもしれません。

しかし実際には何気なく撮影した写真や動画が貴重な空間情報になるケースも多く、たとえばいつも行く飲食店のメニューに何があるかとか、値段はいくらだとかといった内容も貴重な空間情報です。大切なことはどこにあるかという正確性で、写真や動画を撮影した場所が明らかであることとされています。どこでいつ撮影したのかが判明していれば、撮影した本人ですら価値がないと思う写真や動画ですら貴重な情報になるのは面白いところといえるでしょう。ビジネスにも積極的に活用する企業も増えていることから、空間情報を専門に取り扱う会社も増加しています。

会社にとよって得られる情報にも違いがあり、正確性にも差があるので信頼性や多様性で選ばなければいけません。これまで重視されてこなかった情報が重視されるようになり、今後新しいサービスが登場するベースにもなるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *