厳選モービルマッピング選び

モービルマッピングとは

モービルマッピングとは車の屋根にGPSアンテナやIMUといわれる完成計測装置、カメラやレーザースキャナーを搭載して道路を走りながら道路状態や路面の文字、標識や建物などを撮影するシステムです。このモービルマッピングの技術によって道路台帳を作成したりトンネルの調査をしたり、災害時にも活用されたりしています。また自動車業界においてもカーナビに活用したり安全運転支援のための研究などに生かされています。モービルマッピングは、高精度3次元地図の作成をサポートするためのシステムで、人が歩いて計測をするよりもうんと速くいスピードで広範囲を計測することができることが一番のメリットです。

そして撮影されたデータを活用するには、3次元か処理や認識処理を行って利用できるものに置き換える必要があります。そのための高い技術も持って、モービルマッピングが様々な業界で利用されることになるのです。撮影後は計測店の絶対座標と撮影された画像情報を合わせて、色付き点群をたくさんたくさん作っていくのですが、モービルマッピングシステムならスピーディに作ることができます。ただそれによって生成された色付き点群には、シーンとしてみた場合にリアリティに乏しいとか向こう側が透けて見えるなど3Dモデルが作れにくいという課題があります。

そこで点群データを面に変換する作業が必要になってきます。そのためさらに高速で面を作る技術が開発され、道路や壁などの文字もはっきりと映るようにしています。モービルマッピングのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です