空間情報は生活の中で欠かせない存在

観光スポットを写した写真、位置情報がなければ空間情報としての役立てることはできないけれども、その場所の名称などを追加することで情報価値が高くなるといいます。例えば、1枚の写真と地図を用意して、写真を撮影した場所を地図上に知ることで空間情報を与えることができるわけです。地図は場所もしくは位置を示すもの、景色を写した写真は有名な場所であれば多くの人々に空間情報を与えることはできますが、有名なところですべての人がそれを把握しているわけではありませんので地図との併用が欠かせません。従来、地図というと製本されて綴じられている道路マップや横浜市や港北区などのように地域を絞り込んだ大きな1枚のマップが主流でした。

ドライブに出かけるときや観光スポットに行くときなど、欠かすことができない情報源でしたが、最近はインターネットの中にあるマップを使えば、本や広域もしくは限定地域の地図がなくても自在に好きな場所に出かけることができる便利な時代です。しかも、スマートフォンやタブレット端末などで閲覧ができるため、外出先でも利用できるなどのメリットもあるわけです。ストリートビューモードでは、目的地までの画像を見ながら進むことができる、これは空間情報を使いながらルート検索を行っていることを意味します。普段行くことがない場所に出かけるとき、ストリートビューモードで探索すれば、どのような場所で曲がれば良いのかを認識できる生活の中で何気に空間情報を活用することが多くなっているのではないでしょうか。

空間情報のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *