厳選モービルマッピング選び

立体的な地理情報を手に入れるモービルマッピング

知らない土地を迷わずに進むために必要な地図アプリやカーナビですが、その機能を支えているのは最新技術だけでなく地道な情報収集によって成り立っています。その地図情報の機能を支えるうえで、重要な役割を担っているのがモービルマッピングです。モービルマッピングは、一般の車両の上部と自転車の車載部分に360度の映像を映し出せる専用のカメラを搭載することです。地図アプリやカーナビは航空撮影と衛星からの情報収集によって、利用者を目的に連れていきます。

ただ航空計測や衛星からの電波受信ですが、上空からの撮影なので地面から見た現在の道路や建物の状況まではわからないです。そこで地面から見た道路や建物の状況を見るために、このモービルマッピングを活用します。基本的な流れとしては、大まかな情報収集を車上部に搭載をした車で担当区間を決めて走行をするのです。担当区間を走って情報を収集しますが、当然ながら車が入ることができない細い道路や車両交通禁止道路といった部分が存在します。

車を走らせたさいに細い道路や車両交通禁止道路があったときには、人海戦術という形で担当区間を決めて自転車に搭載をしたカメラを使って撮影をして情報を収集します。車そして自転車で撮影した情報を。パソコンに取り込んで地面の情報を構築し地図アプリやカーナビに送信をするのです。このように上空からの情報と地面からの情報を組み合わせることで、正確な情報で利用者を助けてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です