航空機撮影用のカメラを購入するときに考えたいこと

航空機を撮影するカメラを購入するときに考えたいことの一つは、重量やサイズです。飛行機は止まっているときよりも動きがあるときのほうが魅力的に見えるため、三脚などを使ってどっしり構えて撮るよりも、飛行機にフォーカスして機材を動かしながらとることが多くなります。それで、航空機を撮影するカメラは、軽量で小型のもののほうが長時間持っていても疲れにくく、良い写真を撮ることができるに違いありません。航空機を撮影するカメラで重視したいのは、オートフォーカス機能です。

オートフォーカスは自動でピントを合わせる機能ですが、動いている飛行機をうまくとらえて、ピンボケしない写真を撮るにはこちらの機能が高いものを選ぶことが必須で、写真の良しあしを左右します。特に降下してくる飛行機は視界に突然入ってくることもあるため、オートフォーカスの精度が甘いとシヤッターチャンスを逃してしまいます。さらに、連写性能も航空機の撮影用のカメラを選ぶ際のポイントです。連写性能は少ないものだと1秒に3コマ、優れているものだと10コマほどのものが平均的なので、3倍以上の開きがあります。

飛行機の速度は速いですし、特に空港近くなどでは障害物が多いため、連写性能が優れているものだとタイミングよく写真を撮ることが簡単になります。例えば、ある特定の角度で見る飛行機が一番美しいなどとこだわりがある人は、連写性能を重視して購入すると自分好みの写真を撮ることができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *