航空機の撮影はカメラの機能と光線を生かして

航空機の撮影は一度やったらやめられないほど魅力的な被写体です。望遠レンズとカメラを持って、一番近い飛行場に行ってみましょう。大きな空を優雅に飛んでいる航空機の離陸・着陸時の姿をカメラに撮影することからはじめてみることです。動いている航空機は、ブレてしまったり、太陽の位置の関係で逆光でうまく撮影できなくなったりします。

どうすれば、ダイナミック格好よい写真が撮影できるのか考えてみることです。今販売されている一眼カメラのオートフォーカス機能と高速連写を駆使することで、飛んでいる航空機にピントをしっかり合わせるだけでベストな瞬間をとらえることはできます。コックピット付近にピントを合わせるのがコツです。連写は最高速に合わせて、連写し続けるのではなく狙いの位置で前後で短く連写すれば良いスナップが撮影できます。

自分の狙いをまとめやすくするために、広角で風景を絡めてショットをいれるとマニュアルでもうまくピントを合わせられるのです。航空機が風景から飛び出してくる瞬間をとらえるのも、ポジションをとりやすくきれいな画像を得ることができます。どのようなジャンルの被写体でも、「光線」を生かすことを考えるのが重要です。光線によって被写体の見え方や写り方が劇的に変化します。

常に今がどんな光の状態なのかを考えることが重要です。陸の上を飛んでいた機体の下面の照り返しを利用して、機体が美しく照らし出されて瞬間を光をうまく利用して写すとベストショットになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *