厳選モービルマッピング選び

工事現場でも活躍するモービルマッピング

現在、道路管理を効率的に行うための技術として普及が進んでいるのが、モービルマッピングです。これは車両にさまざまな機器を積み込み、走行しながら計測作業を行うというもので、それぞれの場所でその都度機器を据え付けなくても計測データを得ることができます。データの内容は機器の構成によって異なりますが、基本となるのは360度全方位が撮影可能なカメラによる映像と、レーザースキャナによる座標データです。レーザースキャナは数センチメートル間隔で対象物までの距離を計測できるため、たとえば路面の凹凸や路肩にある工作物の様子なども、精密に記録することが可能です。

得られたデータは日常的な管理業務のほか、整備計画を策定する際などに使えます。モービルマッピングの技術は、道路管理以外の用途に活用することもできます。簡単に言えば、車の走れる場所ならどこでも作業ができるので、必ずしも道路がそこに存在する必要はありません。たとえば道路をこれから建設する予定の工事現場などにおいても、上手に活用すれば作業の効率化に役立ちます。

土木・建設工事の現場は非常に広範囲にわたることが珍しくありませんが、その現場内に定期的に車両を走らせ、モービルマッピングによって周辺の様子を記録すれば、工事の進捗状況を詳細に把握することが可能です。地形の変化や土砂の移動、工作物の高さの変遷などを、画像と3次元の座標データによって記録・管理することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です