航空機のカメラによる撮影の魅力

カメラにはシャッタースピードや絞りという様な、様々な機能が付いているが、これらをうまく活用することで、より繊細で美しい航空機の撮影が可能となります。航空機のように、動いている物体を撮影するならシャッタースピードを上げて、絞りを開くことでより明確に画質が良いこう航空機写真を撮影することが可能になります。このほかにもカメラにはホワイトバランスやレンズなどの部品や設定を変更することにより、様々なシチュエーションに対応したカメラセッティングを行うことができます。また、光の加減やアングル(角度)の調整を行うことで自由により多くの撮影シーンを撮ることができます。

光の調整に関してはレフ板や照明を使うのが一般的ですが、それ以外にも太陽光の角度や雲が太陽を隠す瞬間などを狙ってカメラに収めることを考えるなら良いスポットを見つけて長時間その場に滞在し、粘り強くシャッターチャンスを待つのも一つの手です。航空機の撮影をするならこのように様々なシチュエーションを予想して、そのポイントやシャッターチャンスを狙うことがカメラを使用した航空機を撮ることの醍醐味です。天候や状況に応じて、様々な考えを巡らせ自分にとって最良だと思える手を打つことがこの趣味の面白いところです。友人などに協力を依頼すれば少しふざけたような写真を撮ることもできますし、相談しあって、たくさんの手段を用いて楽しく周りに迷惑などをかけないようにするようにすることを忘れずに行いましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *