航空レーザー計測の用途

航空レーザー計測では、専用の飛行機の中に設置した測距装置から地面に向かってレーザーパルスを発射します。そによって点群データを得ることができます。地上や空中及び水上、色々な所でこの計測が可能です。道路や鉄道、河川といった社会生活における基盤であるインフラの計測もできます。

橋梁またガスや電話を測ることもできます。防災マップを作成したり、防災計画や避難計画を立てたする際にも航空レーザー計測が行われます。砂防や深層崩壊の調査で行われることも多いでしょう。農地や上下水道の管理で航空レーザー計測が実施されることもあります。

その際に飛行機だけでなくドローンや特殊な計測機が用いられるんですが、それらの機器を用いると非常に高精度なデータを得られます。航空写真で見られない木々に覆われた山間のデータも航空レーザー計測によって取得することが可能です。最新の計測器なら地上から水中までシームレスに測れます。レーザーが届かない水中深くは専用の船から音波を発射して測ります。

遺跡や史跡、山城跡の調査において航空レーザー計測を行うこともあるでしょう。緑被率や河川水辺の環境を把握したい場合にも行われます。野生動物を調査したり、松枯れや楢枯れを調べたりする際も実施されます。お米の味を調べたり、火山の地熱を調査したりする際に実施されることもあるでしょう・昨今では津波被害のシミュレーションや河川の氾濫浸水の想定をするにあたってもこの計測が実施されています。

航空レーザー計測のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *