航空レーザー計測の仕組みとは

航空レーザー計測というのは、レーザー光を発車し反射して返ってくる時間差によって距離を決定する計測方法です。レーザースキャナを航空機に搭載していますから、広範囲を容易に計測することができ、地上からではなかなか計測が困難な標高や地形の形状を調べることができます。航空レーザー計測はさまざまな用途で活用されていますが、中でも葉が生い茂る森林の地形データ作製に大きく役立っているほをご存知でしょうか。航空レーザー計測なら人が立ち入ることが困難な場所や危険な場所でも、航空機で上空から効率よく地形を把握することができますし取得したデータによって地滑りなどの災害の予測をたてることも可能ですし、また海岸の計測では、海岸侵食の状況を把握することができますから、海岸の管理にも役立てられています。

従来の近赤外線レーザーでは水中の地形を取得することはできませんでしたが、緑色レーザーを使用すれば可能となり、海岸管理の活用も始まっていますし、水底部の計測は、同時に高解像度のカメラでの撮影も可能で近赤外画像データだけではなく3次元情報の取得も可能といえるでしょう。そのほかにも、山の地面を可視科することで斜面で落石が起こりそうな箇所を割り出すことができますから、転石調査にも活用されています。このように高精度な地表面データを取得することができる航空レーザー計測は、短時間で高精度のデータ収集を行える計測方法で今後ますます利用されていくでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *