空間情報は新たなコミュニケーションツール

空間情報は近年の地図データに新たな効果をもたらすものと注目されていますが、その中でも新たなコミュニケーションツールに使用することができるものと注目されている面があります。従来はその位置を示すためだけに地図が利用されていることが多かったのですが、空間情報の定義が生まれたことでこの地図情報に様々な情報を付加することができ、これが利用者に対して付加価値を与えることで新たなコミュニケーションを生み出すことができるようになっています。最近ではこの空間情報がカーナビなどで効果的に利用されることも多くなってきました。目標となる位置情報や店舗名等がわからない場合であっても、様々な情報を頼りにその位置を検索することができ、さらに適切な情報を与えることも可能となっています。

例えば運転中に食事をしたいと思った場合には、様々な飲食店の種類を指定することで周辺の子の指定に合った店舗を見つけることができるほか、情報の内容によっては予算に合わせた店舗を見つけることもできるようになります。そのため利用者の嗜好を取り入れた情報の交換を行うことができるほか、これらの情報によって最適な対象を迅速に探すことができるのが空間情報の新たなコミュニケーションツールとしての効果となっています。従来では地図上にあらかじめ入力されている様々な情報を頼りに、利用者が自分自身で判断をするしかありませんでしたが、近年では利用者の希望に合わせて対象を検索できる機能が備わっているものも多く、これが新たな効果を生み出すものとなっているのが特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *