位置情報に関連付けられた空間情報の活用を

世の中には数多くの情報が氾濫しており、取捨選別して活用することが必要です。地理空間情報と呼ばれているのは、地図・空間に関係づけられた情報のことをいいます。例えば、「東京駅」に位置づけられた場所の情報を添付していくというやり方です。東京駅の情報集約ができ、一つ一つの情報の価値が高まります。

空間情報は、位置情報に関連した情報として活用の価値が高まるのです。身近なツールでは、カーナビゲーションシステムやインターネット上で提供された情報が該当します。行政においては、従来から紙ベースで都市計画図・固定資産の管理を行ってきましたが、位置情報を活用したネットを利用した行政サービスを提供しはじめています。具体例としては、インターネット上で提供するハザードマップなどを活用しはじめています。

様々な情報を地図上に関連付けていくことで有用な情報として認定されるわけです。無数ある情報の中で、価値ある付加価値が付いた情報として活用できるのです。観光などの現地活用もでき、QRコードを利用して現地での観光案内などが可能になります。事故や災害が起こった時、現場の情報等を位置情報を付の写真などにすることで迅速に事故状況を報告することもできます。

またその情報を後々の事故防止に活用することができます。空間情報を活用することで、期待される効果ではスマートフォンやタブレット端末等と地理関連情報を連動させることによって、リアルタイムの情報取得が可能になり活用が考えられるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *