空間情報の生み出す新たな価値とは何か

空間情報は、近年非常に注目されている新たな情報の定義です。その名称から地図上に付加される物体の名称やその性質などを示すと考えられていることが多いものですが、実際にはさらに様々な用途に利用できる情報となっており、その利用の方法によっては高い利便性を得ることができる場合が多いことから、その効果的な利用が言及されているのが特徴です。従来は目的地を探す場合には住所を確認してあらかじめカーナビなどに入力したり、地図上でその位置を確認してその経路を探すといった方法が一般的でした。そのためあらかじめ目的地を設定しないとその経路を知ることができなかったんですが、近年ではカーナビに様々な機能が付加されるようになり、空間情報を効果的に利用した仕組みを持つものが増えている傾向にあります。

空間情報の特徴は、地図上の位置を示すだけではなく、その場所に存在する建物の性質や様々な付加情報を紐付けていることが大きな特徴です。これは近年のビックデータの考え方から生まれるもので、ビックデータは様々な用途に利用されることを想定し情報の関連性を明確にした上で管理されることが一般的であるため、空間情報も同様に地図上の位置だけではなくその建物や物体の種類や、さらには性質なども紐付けて格納されていることが多くなっているのが特徴です。そのためいろいろな角度から位置を検索することができ、これを利用したカーナビ等ではその情報から経路を割り出すことも可能となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *