空間情報とは何かを記述する

地理空間情報とは、地理・空間に関係づけられた情報を指します。地理情報・空間情報もほぼ同義語です。地域空間所法は、一説によれば行政情報の8割を空間情報に該当すると言われています。ある行動、計画を実行するときに役立てることができるといいます。

災害があった時は、被害情報をネット上に載せることができ、緊急対応に威力を発揮することができるのです。情報は日常的に無数に存在し、何気に撮った写真もどこで撮影したかが明らかな場合は、情報を得ることができます。さらに、看板・道路・建物・樹木といったあらゆるものを位置として認識することが可能です。狭義は、地図・空間写真・統計などのデータや研究者らのGPS等を用いたデータも情報します。

身近でいうと、カーナビゲーションもインターネット上で提供されるデータです。民間では、行政の作成を空間情報に飲食店などの情報を付加した製品を販売したり、マーケティングに利用している会社もあります。日本マクドナルドも利用していることは有名です。今やシステム開発事業で、地理情報システムを基本ソフトとして使用することは当たり前の時世となり、3次元を駆使した写真分析の技術も向上しています。

ハードウェア・ソフトウェアの低価格化がすすみ、簡易なGIS導入が可能になる一方で、地図データ等の電子化されていない、データ仕様が異なり使用できない問題があります。GIS導入する主体が、体系的な整備を必要としているのが実情です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *