ドローンの空撮でお役御免となったクレーン撮影

最近は、テレビなどでもドローンを使った空撮映像が頻繁に使われるようになりました。従来はクレーンを使った撮影か、ヘリコプターによる空撮しか選択肢がありませんでしたが、ドローンの登場によって空撮の幅が一気に広がったようです。撮影する上での最大の魅力は、今まで見ることのできなかかったインパクトの強い映像を自由自在に撮れることでしょう。人間の目線の高さから一気に100㍍ほどの高さまで上昇させることができますし、360度自由自在に動かせるので、もはやクレーン撮影はお役御免という状態です。

ドローンにはこのほかにも免許を必要としない、コストが安いというメリットもあり、近年は画質も格段に向上していますので活用する意義はとても大きいと言えます。ドローンでの撮影は高さ150メートルまでという制限がありますので、それ以上の高さから撮影する場合は許可が必要で、仮に無許可で撮影した場合は最高で50万円以下の罰金が科せられます。また人口密集地での撮影や夜間撮影、イベント会場の上空の撮影なども許可が必要です。ドローンで思い通りの映像を撮るには一定の技術が必要で、手持ちのビデオカメラのようにズーム機能がないなど制約を受ける部分もあります。

また、150メートル以上の高さからの撮影はヘリコプターに頼らざるを得ないというのもデメリットのひとつと言えるかもしれません。しかしながら将来的には技術の進歩でさらに利便性が高くなることが期待されています。空撮のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *