空撮の可能性を広げたドローン

空撮といえば、ひと昔前まではヘリコプターによる撮影というのが一般的でしたが、ドローンの登場によって空撮の主役の座はドローンに奪われてしまいました。ドローンには様々な魅力、メリットがあるため、この主役交代は自然な流れと言えるかもしれません。ドローン魅力の一つとして、映像の魅力が挙げられます。地上から百数十メートルの高さまで自由自在に飛ばすことができ、ヘリコプター映像では決して実現することのできなかったリアルで迫力のある映像を撮ることが可能になりました。

ドローン撮影は高さ150メートルを超える場合の撮影やイベント会場、人口密集地、夜間撮影などをする場合に許可申請が必要ですが、操縦するのに免許を必要とせず、ヘリコプター撮影に比べると費用が格段に安いというメリットも非常に大きいものがあります。ドローンで思い通りの映像を撮るには経験を積み、腕を上げる必要があります。撮影をする以前に、まずはドローンを自由自在に操縦できるようになることが前提です。ドローンは基本的にズーム機能を持ち合わせていないので、被写体に近づいたり遠ざかったりすることで表現します。

また、風などの気象条件にも左右されますので、様々なシチュエーションにできるスキルを身に付けることも大切です。高度制限を超えないようにするには、自動的に高度を維持する機能の付いたドローンを選ぶと良いでしょう。今後、さらに技術が進歩すればさらに空撮の可能性が広がりそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *