最近空撮の需要が増えたのはなぜ?

空撮と聞くと建物を上空から撮影したものや、人が入れないところを撮影したものなどを思い浮かべます。陸地では想像できない見方ができるので、新たな発見があります。大きなイベントや記録として利用する方も多く、従来も需要はありました。最近になってその需要が高くなっている傾向にあります。

それはドローンの活用が影響しています。今までの空撮は、飛行機やヘリコプターなどの利用が欠かせませんでした。そのため事前に綿密な計画を立てて、多額のコストをかけて行わなければありません。そのため、実施するためにはかなりの決断が必要になります。

それがドローンを使うことで安価に撮影することができます。天気によって撮影の実施が左右されるのが空撮なので、計画通りにできるとは限りません。ドローンであればその日の状況に応じて対応することもそれほど大変ではありません。飛行機では滑走路の確保など個人ではどうしようもできないものもあります。

撮影者だけで対応ができるので、大掛かりな準備が不要になります。高解像度のカメラを搭載したモデルもあるので、期待されている映像も遜色なく撮影できます。静止画だけでなく、動画も簡単に撮影できます。操作している段階で映像を確認できるので、取り直しも容易です。

コストも削減されている中で、安価で空撮ができるのはとても助かります。その映像のインパクトは、大きなものものなので、これからも需要は増えていくでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *