航空レーザー計測の現在の技術

航空レーザー計測の技術は、現代の様々な技術が組み合わされて形成されているものです。これにより、対象エリアの地形がこと細かく作成でき、等高線などの作成に広く用いられます。航空レーザー計測は飛行機からレーザー光を発射して、地表からの反射の時間差を調べて距離を決定します。この距離の計測により、標高を測定することが可能となります。

対象の標高が、どこに位置しているかはGNSSなどの衛星測位システムなどを用いて計測されていきます。レーザー光の反射情報は、このままでは飛行機の姿勢や加速度を考慮していないので利用することができないです。これを改善するために完成計測装置が用いられます。飛行機の姿勢や加速度を測定し、レーザー光に関連する情報を正しく捉えることができます。

3つの技術を利用することで、地表までとしたレーザー光の位置により地図上でどこに位置するか、すなわちx座標とy座標、これと高さであるz座標の特定が航空レーザー計測で可能になります。レーザー光は、建物や樹木にも反射してしまうため、地形として表す際にはこれらを取り除く作業が必要となり、これをフィルタリングと呼びます。樹木に関してフィルタリングが可能なのは、多少隙間がある場合であり、この場合は、不完全な反射光と最も大きな反射光を検出することができます。これにより樹木の高さを求めることも可能です。

照葉樹のように葉の構成が密なところでは、レーザー光が地上に達することがほとんどないためデータは得られません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *