航空レーザー計測の基礎知識

航空レーザー計測とは、航空機を利用して測量をおこなう技術のことです。測量をするための機器を航空機に搭載して、計測したい場所に上空を飛行しながら測定をおこないます。空の上からでも測量ができるのは、航空機に搭載した機械からレーザー光線を照射することができるからです。機械から放出されたレーザー光線は地上にまで届いて反射して、レーザーを照射した機械のところまで戻ってきます。

航空レーザー計測では、この反射したレーザーを分析することで、航空機から地上までの距離がわかるようになっています。航空機が一定の高度で飛行している場合、レーザーが戻ってくるまでの時間が短いほど飛行機と地上までの距離が短いということになります。これは土地の高度が高いことを意味していて、レーザーが戻ってくるのが遅いほど、土地の高度が低いことになります。航空レーザー計測ではレーザー光線以外にもさまざまな技術を使用して、より正確に地上の地形を測定できるようになっています。

慣性計測装置も機械には搭載されていて、こうした機械をレーザーと一緒に使用することにより、地上の地形の形なども正確に知ることができます。航空レーザー計測を使用することのメリットは、地上から移動するのが困難な場所でも、時間をかけずに測量ができることです。車を使用しても行くことができない断崖絶壁の山の上なども、航空機を使用して上空を飛行すれば、簡単に地形を測量することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *