MMSとは?その特徴とSMSとの違い

MMSとはマルチメディアメッセージングサービスの略称であり、携帯電話用のメール配信サービスのことです。電話番号でテキストデータを送信できるSMSが先に誕生し、その後カメラ付き携帯電話が普及したことによって画像の送信が可能なサービスの需要が高まり生まれました。そのためテキストの他にも画像や音声、動画データを添付したメールの送受信が可能です。SMSは電話番号宛てでしか送信できないですが、MMSはメールアドレス宛ての送信も対応しているためパソコンとのやり取りもできます。

SMSとの違いとして挙げられるのは送信可能なメールの種類の他に、文字数制限があります。基本的には全角70文字以内であるのに対して、MMSの場合は1回あたりに送信する文字数に制限は特にありません。また送受信に費用がかかる前者に対して、後者はデータ通信料が必要なだけで送受信に関しては費用は不要でありキャリアに対しての申し込みもせずに使用できます。ただMMSは大手キャリアがそれぞれ配布しているアドレスを使用するため、格安SIMを使用する事業者と契約している場合は使用不可となるため注意しましょう。

なおMMSは全世界の携帯電話事業者において採用されているものの、海外と日本での利用状況は大きく異なる。電話番号での送受信が可能となっていから後発で登場した日本国内では、後に置き換えられるまでしばらくの間は各キャリアが用意した独自の形式を用いられていました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *