MMSとSMSについて

インターネットは私達の生活を大変便利にしてくれます。インターネットを通して私達は様々の情報を得る事が出来ます。最近では様々の通信サービスが利用されるようになってきましたが、一番基本となる情報交換サービスは電子メールです。電子メールのアドレスさえ知っていれば、他に特殊なソフトウェアを使わずに遠く離れた世界中の人たちとの交信を行えます。

その意味でインターネットサービスにおける電子メールアドレスは、郵便における住所録の様な役割を果たします。その様な意味合いもあって、インターネットを利用してよく知らない人との交信を行う際にはまず電子メールが便利です。この様に電子メールサービスはインターネット利用における基本サービスですが、アドレスの取得先により幾つかの種類があります。企業などの組織に属していればその専用のアドレスを社用で利用します。

これに対し誰でもが使えるフリーメールのアドレスがありますが、こちらは主に個人的に電子メールを利用する際に用います。携帯電話やスマートフォンを持っている人であれば、SMSやMMSという機器に付属したメールアドレスが使用できます。SMSは、電話番号にキャリアのドメインがついたものがアドレスになるので、電話番号さえわかれば誰でも知る事ができ利用可能ですが、MMSは各キャリアから発行されるもので任意にアドレスを決められます。また、SMSが短いメールを想定されているのに対して、MMSは長い文章も送受可能でファイルの添付などもできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *