色々な空撮の方法について

私達は、観光地へ旅行に行ってきれいな景色を見たり街を散策していて面白い情景を見つけた際にスマートフォンやカメラ、あるいはビデオカメラを使って写真や動画を撮影することがよくあります。最近のスマートフォンの普及やカメラ装置の小型化によってその様な事がどんどん容易になって来ています。その為、家族旅行や日常生活の様子などを記録している人たちも数多くいます。ただ通常の方法では、多くの場合においてスマートフォンやカメラを手に持って行いますので、視点は人間の目の高さという事になります。

これに対し、たいへん高い位置からの撮影を行う方法があります。一番高い所からの撮影方法としては、人工衛星などからのものです。その次の高さからの撮影としては、飛行機やヘリコプターなどを利用した空撮です。人工衛星からの撮影も含め高い視点からの空撮を行う事により、人の視点では得られない広がりのある画像を得る事ができます。

得られた画像は単に興味深いという意味合いだけでなく、可視光以外の撮影による情報から土地利用や資源探査でも大変重要な情報を与えます。更に身近な高さの空撮法として最近注目されているのがドローンを用いたものです。ドローンによる空撮の長所は、人の目線の高さからかなり高い位置での撮影が可能である事です。高さを変えながらの撮影も可能です。

また、ドローンは小型の機器で、特別な準備が必要ありませんので大変経済的に空撮を行えるという特徴も持っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *