空撮とは魅力についても

空撮は飛行機やヘリコプターを使用して撮影する空中撮影のことで、映画やドキュメンタリー作品などではなくてはならない手法です。一般的に空撮といえばカメラマンがカメラを担いで飛行機、ヘリコプターなどの乗り物に乗り込み、空から地上を撮影するイメージが想像されます。当然ながら、安定した映像を撮るにはパイロットの技量やカメラマンとの連携が必要不可欠ですし、カメラの性能も重要になってきます。カメラは振動を軽減するスタビライザーつきが定番で、ブレを感じさせない鮮明な映像が撮影できるようになっています。

近年はマルチコプターによって、低高度の撮影も当たり前になっていますし、地面に近い高さでの撮影も可能です。ドローンの登場により、空撮はプロや一部の愛好家のものではなく、誰もが挑戦できる方法に変化しています。勿論、許可を得たり安全な場所で撮影することが前提ですが、技術的にドローンと高性能小型カメラによって空撮の難易度が下がったのは確かです。空撮の魅力には人が生身で行けない環境でも映像を残せたり、あり得ない高さや角度、スピードなどで撮影できる点が挙げられます。

また環境を俯瞰的に捉えられるので、季節の変化や災害の前後を比較して影響を確認するのにも役立ちます。リゾート地のプロモーションや迫力ある映画作品など、映像に説得力を持たせられる手法でもありますから、今後も活躍したり目にする機会はなくならないと思われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *