モービルマッピングのメリット

モービルマッピングは3次元レーザー計測機などを使い、道路や周辺の3次元データと映像を取得する車両搭載型システムです。そこにはデジタルカメラも搭載されており、映像情報を連続で取得できるのも強みです。同システムによって道路維持管理の効率化が図られ、社会インフラのコストを最適化できるメリットがあります。加えて、社会インフラの長期的な運用にもつながるので、公共事業のコスト削減に寄与するものです。

加えて、民間の領域においては自動運転に不可欠なマッピングの構築にも寄与するものです。モービルマッピング技術は、黎明期からの技術・精度の検証が行われ、公共測量の手法として導入されてきました。複数の専用車両が用いられ、地形図や道路台帳の作成を実施してきたわけです。自動走行に必要なダイナミックマップの作成に関しては、国のプロジェクトの中で進展することになります。

そうした多方面の技術が集約して、現在のモービルマッピングになったと言えます。モービルマッピングは道路マネジメントに採用され、地形図や道路台帳、基板地図の作成に貢献しています。また、道路の現状調査に活用されており、周辺地形の3次元データを効率的かつ低コストで取得可能です。現場では道路の占用時間の削減になるので、交通環境の維持にも大きく寄与するものです。

何よりも正確で精密な状況把握が行えるので、様々な領域において役立てられます。取得された周辺映像と3次元データによって、地図のベースとなる道路データを高い精度で作成できるのもメリットです。何よりモービルマッピングは公共測量作業の規定に基づいています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *