厳選モービルマッピング選び

MMSと他のメールサービスについて

インターネットにより情報交換を行うことは、今では日常生活の一部となっています。インターネット利用の大部分がスマートフォンや携帯電話などのパーソナルデバイスとなった現在において、これらの携帯端末間での情報交換の需要は高まって来ています。この様な情報交換には、様々のソーシャルネットワーキングサービスやフリーメールを使う機会が多くなって来ていますが、これらのサービスの欠点として、通常の方法では本人確認が困難であるという事があります。匿名性が高いので、自由な意見の聴取や広く情報交換を行うという意味では大変便利な方法なのですが、本人確認が必要な銀行取引などの場合にはこの様なサービスが多く使われる事はありません。

本人認証が必要な際に多く用いられる用いられるのは、SMSやMMSといったスマートフォンなどのパーソナルデバイスに固有のアドレスが得られるサービスです。SMSとは個々のデバイスの電話番号を直接使用するメールサービスであり、様々の場面で本人認証が必要な場合によく用いられますが、短いテキストのみ送受使用可能という欠点があります。一方、任意のアドレス名が使えMMSもパーソナルデバイスに直接結び付けられたメールアドレスを用いるメールサービスです。基本的にMMSはスマートフォンの1つ前の携帯電話での利用を想定していますので、長い文字数や添付ファイル可能など、SMSではできない事が可能となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です