厳選モービルマッピング選び

MMSの特徴と活用方法

スマートフォンで使用される電子メールは大きく分けると2種類で、電話番号に紐付けられていて携帯電話の間だけで短いメッセージの送受信ができるSMS(ショートメール)と、PCとの間で送受信が可能なMMS(マルチメディアメッセージングサービス)があります。SMSは携帯電話番号がアドレスになっていることから、短いメッセージを送信したり電話番号認証のために用いられます。MMSは携帯電話の番号とは別にインターネット上のメールサーバーを通して送受信されるメッセージング機能で、元々はコンピュータ(PCやワークステーションなど)のメール機能でした。アドレスは半角英数字と@(アットマーク)から成り、電話番号の有無とは関係なくアカウントの取得ができます。

これは誰でも簡単にアドレスを取得できるので携帯電話番号確認は使用できませんが、送受信ができる文字数が多いという特徴があります。メールの本文に加えて数MB程度のファイルを添付して送信することも可能なので、ビジネスで多く使用されています。NTTドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルのキャリア携帯電話会社で回線契約を結ぶと、1ユーザーに1つのMMSアドレス(キャリアメール)が付いてきます。これに対して格安SIMの回線契約を結ぶと、MMSのアドレスが付与されないことがあります。

このような場合も、他のフリーメールのアカウントを取得してメッセージの送受信を行うことは可能です。MMSを利用してメッセージの送受信をするためには、専用のメールアプリ・ソフトをインストールしてアカウントとサーバー(SMTPとPOP)の設定をする必要があります。アプリのインストールや初期設定をする必要がありますが、使いやすいメーラーを自由に選べます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です