厳選モービルマッピング選び

モービルマッピングで得たデータの加工

モービルマッピングは自動車に各種測定機器を搭載し、走行しながら道路や周辺の地図情報を3次元データで取得するシステムの総称でMMSと呼ばれることも少なくありません。計測機器を搭載した車両は、通常と同じように道路を走行することができるため時間的な制約や走行ができない場所などがない、広域にわたり3次元データを得ることができます。モービルマッピングで得た情報は、道路施設調査・路面性状調査・安全点検など、道路維持管理業務に役立てることができるといわれています。車両に搭載するモービルマッピングシステムは、GNSSアンテナ・上面および下面レーザースキャナ・慣性計測装置(IMU)・オドメータ(走行距離計)・前方用および路面用カメラ、これらの機材で構成されます。

レーザースキャナで得られる情報は、相対座標のみとなるためこれにGNSSアンテナと慣性計測装置で取得してある絶対座標値および姿勢情報を併せて計測ポイントの絶対座標を求めます。これにカメラで撮影してある画像情報を組み合わせて色が付いた点群を生成するなどの仕組みを持ちます。点情報を持つデータは、目の粗い写真のようなものとなり点群の数が多ければ多いほど鮮明な画像になります。取得した点群データを専用のソフトウェアで分析・解析などを行えば、写真と同じようなイメージを持つデータを加工することもできます。

これは点群データを利用して、面張り処理を施すことで実現するやり方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です