ハッカを利用したネズミの駆除の注意 - 根気が必要なネズミの駆除

ハッカを利用したネズミの駆除の注意

小型の害獣であるネズミは繁殖力が旺盛で、雑食なので家庭内に侵入されたら早めの対処をしないと家具家財や食料を初めとした様々な持ち物に被害をもたらす恐れがあります。自分で行うネズミの駆除の中に臭いを用いたものが挙げられ、この害獣はワサビやユリの花、樟脳入りの防虫剤といった臭気を嫌う傾向にあります。
ハッカもその中の一つであり、ハッカ油とエタノール、コンタクトの洗浄に使用される精製水の3つの材料で手軽に駆除スプレーが製作できます。


ここで注意が必要なのは駆除スプレーといっても殺傷作用は低く、振りかけた場所に害獣が近づきにくくなる効果があるのでネズミの駆除の補助という意味です。

注目のネズミの駆除について知るならこのサイトです。

初めにハッカ油5mlとエタノール80mlを混ぜ、その後精製水を混ぜ合わせスプレーボトルに入れれば完成です。人によって精製水でなく水を使えば良いと思うかもしれませんが、水ではハッカ油と上手く混ざらないので精製水を使用します。



またスプレーボトルも気をつける点があり、ハッカ油はポリスチレンを溶かす作用がありプラスチック製品を利用する場合は素材の確認を忘れないようにしましょう。



PPと表記されるポリプロピレン、PEを表記されるポリエチレンなら溶ける恐れはなく、プラスチック以外ではガラスや陶器製も使用しても問題ないです。

作ったスプレーはゴミ箱や害獣の通り道などに振りかけるとネズミの駆除の手助けになります。

スプレーは手軽に製作でき即効性が高い反面、持続力が劣るので定期的に振りかける必要があります。

作った液体自体も10日ほどが使用期限なので、こまめに作っておくようにしましょう。